トップ

決算財務報告プロセスの状況で組織の成熟度が分かります

このページでは決算財務報告プロセス、つまり決算の体制・運用の状況と組織の成熟度との関係について、思うこと考えることをコメントしています。


【決算財務報告プロセスを構築し運用する意義とは】


そもそも会計の目的とは何でしょうか?

株式会社でいえば、経営者が、会社の所有者である株主や、融資を受けた金融機関に対して、預かった財産を責任持って運用管理している、ということを報告するためということになります。

「会計責任」ともいいます。

また、将来の投資家や取引先、従業員、地域住民など会社の「利害関係者」に対して「有用な情報を提供する」という目的も果たしています。

従って、その会社が会計を重視しているかどうか、ということは
・株主や金融機関に対する会計責任を理解しているのかどうか
・利害関係者と円滑なコミュニケーションを取る姿勢があるのかどうか
ということになります。

また、組織の成熟度ですが、会社組織の目的は、事業展開し売上・利益を獲得すること。そのためには、投資家や金融機関から資金調達しなければならない。

そして、資金調達は、「投資家や金融機関を重視していますよ」という体制を構築し、運用していくことで、成功確率がアップする。

では、投資家や金融機関を重視している体制とは何か?と言えば、会計責任を果たすために適正な決算書を作成し公開すること、つまりは「決算財務報告プロセスを構築し、運用すること」ということになります。

また、利害関係者に対して有用な情報を公開することにもつながります(事業ステージによって公開範囲は異なるとは思います)。



【決算財務報告プロセスを構築し運用する意義とは】


決算財務報告プロセス構築と運用には、まずは経営者が会計責任を理解していること。
そして決算財務報告プロセスの構築、運用のためには会社を組織化する必要があります。

なぜならば、決算とは会社活動の記録を要約したものであり、そのためには経営陣、従業員含め全社で取り組む活動だからです(例えば、売上計上のためには経理だけではなく営業部門の取り組みも必要になる)。

以上から「決算財務報告プロセスの体制と運用の状況で組織の成熟度合いが分かる」ということになります。

更新日:2014年11月8日
作成日:2013年 9月28日
須藤公認会計士事務所
須藤 恵亮


【関連コラム・ページ】
年度決算 | 事前に着地予想は行っていますか?
月次決算は、発生主義会計で経理処理していますか?
原価計算の目的について、実務の立場から思うこと考えることをコメント
月次決算の進め方について考える
資金繰り表の作り方
組織マネジメント戦略を会計制度の視点で考える




決算体制の向上支援|須藤公認会計士事務所(東京)

戻る | コラム一覧 | 次へ

TOPへ戻る

Profile

  • Profile
  • 名前:須藤恵亮(すとうけいすけ)
  • 須藤公認会計士事務所代表
  • HP制作や情報セキュリティなど他とは異なるビジネスを展開している会計事務所です。
  • ・Home
  • ・事務所概要
  • ・ビジネス紹介

最近の記事(コラム)

・「不正な財務報告及び監査の過程における被監査会社との意見の相違に関する実態調査報告書」の公表について(日本公認会計士協会)
・新規株式上場(IPO)意向に関するアンケート調査(帝国データバンク)
・2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査(帝国データバンク)
・「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査(東京商工リサーチ)
・国際会計基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示例の公表について(金融庁)
・改正企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の公表(企業会計基準委員会)-税効果会計
・有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・有価証券報告書レビューの実施について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・「公認会計士・監査審査会検査の実効性の向上〜大規模監査法人を中心に〜」の公表について(公認会計士・監査審査会)
・株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(TDnet)-連結財務諸表(資本連結)の改正について



関連リンク

会計入門〜実務に役立つ会計の入門
原価計算入門〜簿記資格の学習を支援
商業簿記入門〜2級、3級の資格学習を支援
会計ヘッジ|将来リスクを回避するためのサイト