トップ

月次決算は、発生主義会計で経理処理していますか?


月次決算とは、月毎に経理の締め処理を行うこと。月次決算といっても経理処理の方法は様々ですが、発生主義会計で経理処理を行うことが望ましいと言われます。

ここでは、発生主義会計で経理処理を行うことについて記載します。


【発生主義会計で経理処理する必要性とは】


月次決算の目的の一つは、現状の会社の実態を把握すること。
また、事業計画上の利益計画(予算)と比較することで、今後の方向性を確認し意思決定するための資料とすること。

月次決算(実績)と利益計画(予算)を比較分析し、有用な情報を得るためには
「月次決算は利益計画と同じルールで行うこと」
を前提とする必要があります。
なぜならば、全く違うルールで作成した2つの資料を比較しても有用な情報は得られないからです。

そして、利益計画は損益計算書を中心とした会計数字であることから、
「発生主義会計で経理処理した数字をベースとすること」
が求められる。

従って、月次決算でも年度決算と同様に、発生主義会計で経理処理を行うことで、有用な情報が得ることができる、ということになります。

【発生主義会計を採用しない場合のデメリット】


中小企業では、月次では入出金ベース(現金主義)で経理処理しておき、年度決算で発生主義会計(請求書ベース)に修正する、といったケースも少なくないでしょう。

現金主義会計では、社会保険料を含む人件費科目や継続的に発生する経費取引の科目については、実際のモノ・サービスの提供や受入を反映しないタイミングで、月次では経理処理される場合があります。

より具体的には、例えば月末払いの経費で、ある月の月末が休日だった場合、支払は翌月であるが、実際には当月にサービスを受けている、といったケース。

現金主義、つまり入出金ベースで会計処理すると、翌月に2か月分の経費が計上されることになります。
 一方で利益計画上では、もちろん12ヶ月間、均等に1ヶ月分が割り振られている。

このような取引は一つ一つは大きな金額ではないが、合計してみると会社全体に与える影響は決して小さくない、といったことが往々にしてある。
結果として、月次決算での実績数字と予算数字を比較しても「有用な情報が得られない」ということになってしまいます。


もう一つ、発生主義会計ベースで経理処理していないケースとしてよくあるのが、月次では、帳簿在庫を把握していないケース。

月末在庫が月初と同じ金額で計上されており、結果として売上原価が発生主義ベースとなっていない。

これだと、月次では実態を反映した粗利益が把握できるはずもなく、「粗利率も意味がない数字」ということなります。


以上から、会計数字を経営に活かすためには
 月次決算でも発生主義会計で経理処理することが望ましい、ということになります。

更新日:2014年11月3日
作成日:2013年11月9日
須藤公認会計士事務所
須藤恵亮

【関連コラム・ページ】
年度決算 | 事前に着地予想は行っていますか?
原価計算の目的について、実務の立場から思うこと考えることをコメント
月次決算の進め方について考える
資金繰り表の作り方
決算財務報告プロセスの状況で組織の成熟度が分かります
組織マネジメント戦略を会計制度の視点で考える




決算体制の向上支援|須藤公認会計士事務所(東京)

戻る | コラム一覧 | 次へ

TOPへ戻る

Profile

  • Profile
  • 名前:須藤恵亮(すとうけいすけ)
  • 須藤公認会計士事務所代表
  • HP制作や情報セキュリティなど他とは異なるビジネスを展開している会計事務所です。
  • ・Home
  • ・事務所概要
  • ・ビジネス紹介

最近の記事(コラム)

・「不正な財務報告及び監査の過程における被監査会社との意見の相違に関する実態調査報告書」の公表について(日本公認会計士協会)
・新規株式上場(IPO)意向に関するアンケート調査(帝国データバンク)
・2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査(帝国データバンク)
・「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査(東京商工リサーチ)
・国際会計基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示例の公表について(金融庁)
・改正企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の公表(企業会計基準委員会)-税効果会計
・有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・有価証券報告書レビューの実施について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・「公認会計士・監査審査会検査の実効性の向上〜大規模監査法人を中心に〜」の公表について(公認会計士・監査審査会)
・株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(TDnet)-連結財務諸表(資本連結)の改正について



関連リンク

会計入門〜実務に役立つ会計の入門
原価計算入門〜簿記資格の学習を支援
商業簿記入門〜2級、3級の資格学習を支援
会計ヘッジ|将来リスクを回避するためのサイト