中小企業の経理業務


経理業務とひとくちに言っても、その業務は様々です。特に中小企業では、管理業務にかけることのできる経営資源は限られてくるため、少ない人員で業務を実行していくことになります。

例えば大企業では財務、経理、経営企画、営業管理など別の部署で行う業務であっても、中小企業では経理部門で全て行うといったことも少なくありません。


通貨

中小企業で経理に求められる業務とは


会計税務

日常の仕訳処理から会計伝票の作成、月次・年度決算書類、法人税等の申告書の作成や会計税務上の問題検討などが主な仕事。

月初の月次決算業務や決算日後からの決算業務は経理業務の醍醐味といえる仕事です。年初から事前に計画立てて準備しておかないと大変なことになります。特に、税務・会計関連の法令上の変更点について、少なくとも年度毎に把握しておき、間違った処理をしないよう注意が必要です。

【ポイント】中小企業では少ない人員で決算時の経理業務を行っています。決算時にスムーズに処理を進めるためには前期決算の課題や当期決算上の会計基準・税務の変更点など事前に洗い出しておき年間計画を立てて経理業務を進めることをお勧めします。


財務

日常的に発生する支払業務、資金繰り状況の把握と借入の実行や返済をはじめとした金融機関との折衝が主な仕事となります。

資金繰り表の作成は必須業務。会社活動の生命線であるお金の管理を任されることから、言うまでもなく重要な業務です。

【ポイント】中小企業では、これから資金繰り表を作成するという会社もあるかもしれません。最初から全ての項目を網羅するといったことよりも、まずは重要項目を把握するような資金繰り表を作成するように進める方が手を付けやすいでしょう。


経営企画

予算の作成や予算実績の管理。また、会社データを初めとする様々な情報から経営分析を行い、経営上の今後のアクションに資するような情報を発信していくことが主な仕事。

会社経営に参画する業務であり、経済や業界の動向をはじめ幅広い知識が必要とされます。また会社全体に関わることが多く、各部署との調整を行っていくことから、調整能力が求められます。

【ポイント】各部門の予算(ボトムアップ)と経営者が示す予算(トップダウン)との調整には意外と時間がかかります。調整時間も含めて予算スケジュールを検討しておく必要があります。


営業管理

売上・仕入データの入力や請求書発行、売掛金の回収業務。与信調査や滞留債権の管理など。

会社が拡大してくると取引先の業績悪化などにより売掛金が回収できないといったことが起こるようになります。売掛金の管理は、日頃からしっかりと行っていく必要があります。

【ポイント】会社が急拡大しても対応できるよう今のうちから効率的に仕入販売業務を行えるよう体制構築を行っておくことをお勧めします。特にエクセルは経理業務では必須のソフト。中小企業では活躍の場が非常に多く、関数やマクロを利用すれば短期間で業務が進むようになる場合も多いでしょう。


以上の通り、中小企業の経理には幅広い仕事が求められることが分かります。

中小企業といっても組織形態や規模は様々。一概には言えないですが、代表的な業務を挙げてみました。会社が拡大するに従って、担当や部門を別にするなど、分業が進んでいくことになります。



お問い合わせ、仕事のご依頼は、【お問い合わせページ】より承ります。
主な質問と回答は【Q&A(ご質問と回答)】に記載しています。



決算体制の向上支援|須藤公認会計士事務所(東京)