代表挨拶


内閣府の景気動向指数の発表によると、わが国の経済状況は今年に入ってから回復の兆しが見られます。今年9月の基調判断でも「緩やかに回復しつつある」とコメントされました。

また、金融庁は平成25年の金融モニタリング基本方針にて、「小口の資産査定は、金融機関の判断を尊重する」「担保・保証に過度に依存せず、融資審査時には事業性を重視するような取り組みを金融機関に求める」といった内容を発表しています。

このような時代トレンドの中、今後、中小企業への融資拡大が期待されるとともに、「事業性(ビジネスの将来性)」がこれまで以上に重視されます。

当事務所では、経営資源の中でも「情報」をメインとしたサービスを提供しています。

・「ビジネスを伝える」 ホームページや事業計画の支援
・「情報を守る」    情報セキュリティ体制の構築運用支援
・「組織管理体制の向上」土台作りの支援

ビジネスの理解を社内外に促し、信頼ある会社と認められれば、結果として投資や業績につながり、企業価値の向上につながっていきます。

以上のサービスを提供することで日本全体の経済発展に貢献したいと考えています。

【記事(コラム)|東京の会計事務所より】
本当に会計事務所なの?
オンリーワンのビジネスを目指す会計事務所

2013年9月15日
須藤公認会計士事務所
須藤恵亮

代表挨拶-履歴
2013年 9月15日
2011年12月 1日