Webデザイン | レスポンシブデザインにしてみました

Webデザイン | レスポンシブデザインにしてみました


前回コラムに記載しましたが、検討した結果、レスポンシブデザインに変更することにしました。

決定してからは年末休みを利用してほぼ1日で作業完了。

各種スマホでチェックして調整作業で2日程要しました。

これからも調整は入ると思いますが、現在は取りあえず完成ということで公開済み。


レスポンシブデザイン、といってもその手法は様々。

今回制作したのはPC用とスマホ用の2種類のページを用意する方法で、かつ画面枠の大きさに応じて可変的に拡大縮小しない方法(可変的に拡大縮小する方法は「リキッドデザイン」といいます)。

なのでレスポンシブデザインの中では簡単な部類に入る方法。

ですが、煩雑な部分もいろいろと多い。

一番大変なのが、スマホ(タブレット含む)と一口にいっても画面サイズやOS、ブラウザによって見え方がいろいろと変わってくること。


すこし技術的な話になるのですが、CSSというデザインの素地となる部分があって、そのCSS上でデザイン設定すると、あるタブレットではそのデザインが表示されないといったことがあります。

この点は結局はCSSではなくjpg画像を利用して表現することにしました。

また、2種類のCSSをPCとスマホで使い分けるよう設定しているはずなのですが、2つのCSSを読み込んでしまっているようなHTMLの設計にしてしまっていたことも判明(ユーザーエージェントというものを識別してスマホかPCかを判別する設計上の記載で良くない部分があった様子)。

こちらの問題も別の方法で全てのページを修正し解決。

他にも上記のような問題点が見つかったので修正。今はどうにか公開できるレベルになった(はず)と思っています。

ただし、まだ解決していない問題もあります。例えば、「問い合わせページ」にアクセスするとあるスマホでは「SSLが有効になっていない」といったメッセージが表示されてしまう。

しかしSSLチェックツールで確認しても確かに有効になっている。従って、SSLが有効になっており暗号化されて送信されるようになっている。また、他のOSやブラウザでは問題なく表示されている。

この点は少し時間がかかりそうですが、全てのデバイスに対して正常に表示させるには当事務所のページは、現在の技術レベルと比較すると欲張りすぎている点もあるようです(他社の問い合わせページを見ても暗号化して送信するようSSL対応しているページは少ない)。

ということでまだまだ品質の点では改善の余地がたくさんある当事務所のホームページ制作サービス。ですがコスパは高い。

皆様からのお問い合わせ、お待ちしております。

2014年 1月 6日
2014年11月28日 更新
須藤公認会計士事務所
須藤恵亮



戻る | コラム一覧 | 次へ

TOPへ戻る

Profile

  • Profile
  • 名前:須藤恵亮(すとうけいすけ)
  • 須藤公認会計士事務所代表
  • HP制作や情報セキュリティなど他とは異なるビジネスを展開している会計事務所です。
  • ・Home
  • ・事務所概要
  • ・ビジネス紹介

最近の記事(コラム)

・「不正な財務報告及び監査の過程における被監査会社との意見の相違に関する実態調査報告書」の公表について(日本公認会計士協会)
・新規株式上場(IPO)意向に関するアンケート調査(帝国データバンク)
・2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査(帝国データバンク)
・「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査(東京商工リサーチ)
・国際会計基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示例の公表について(金融庁)
・改正企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の公表(企業会計基準委員会)-税効果会計
・有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・有価証券報告書レビューの実施について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・「公認会計士・監査審査会検査の実効性の向上〜大規模監査法人を中心に〜」の公表について(公認会計士・監査審査会)
・株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(TDnet)-連結財務諸表(資本連結)の改正について



関連リンク

会計入門〜実務に役立つ会計の入門
原価計算入門〜簿記資格の学習を支援
商業簿記入門〜2級、3級の資格学習を支援
会計ヘッジ|将来リスクを回避するためのサイト