Profile

  • Profile
  • 名前:須藤恵亮(すとうけいすけ)
  • 須藤公認会計士事務所代表
  • HP制作や情報セキュリティなど他とは異なるビジネスを展開している会計事務所です。
  • ・Home
  • ・事務所概要
  • ・ビジネス紹介

最近の記事(コラム)

・「不正な財務報告及び監査の過程における被監査会社との意見の相違に関する実態調査報告書」の公表について(日本公認会計士協会)
・新規株式上場(IPO)意向に関するアンケート調査(帝国データバンク)
・2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査(帝国データバンク)
・「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査(東京商工リサーチ)
・国際会計基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示例の公表について(金融庁)
・改正企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の公表(企業会計基準委員会)-税効果会計
・有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・有価証券報告書レビューの実施について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・「公認会計士・監査審査会検査の実効性の向上〜大規模監査法人を中心に〜」の公表について(公認会計士・監査審査会)
・株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(TDnet)-連結財務諸表(資本連結)の改正について



関連リンク

会計入門〜実務に役立つ会計の入門
原価計算入門〜簿記資格の学習を支援
商業簿記入門〜2級、3級の資格学習を支援
会計ヘッジ|将来リスクを回避するためのサイト



Webデザイン | 最近、バナー画像や動画を積極的に利用しています



 

Webデザイン | 最近、バナー画像や動画を積極的に利用しています



 先日のコラムで当事務所のホームページリニューアルについて記載しました。

 そしてリニューアルの方針の一つとして

   「画像をより多く利用する」

 ことを掲げています。


 これは、他の会計事務所のホームページと比較して、画像の使用が少ないことが分かったため。

 そこで「見栄え」や「文字を読みやすくする」といった観点から画像の利用を多くすることにした、ということ。

 ということでトップページを始め、少しずつ画像利用を増やしています。

 バナー広告や動画にも取り組んでいます。素材となる画像は購入し、加工や文字装飾はソフトを利用して自前で制作。

 色合いが明るくなり、読みやすくもなりました。

 変更前と後でアクセス分析の結果を比較してみると変化がよく分かります。今回の変更では

   1.アクセス数が増加した
   2.滞在時間が長くなった
   3.直帰率が増加した
   4.クリックするリンク先へのアクセス割合が変化した

 といった変化が見られました。

 画像や動画以外にも文字変更や配置の変更など、いくつか要因がありますが3.以外は好ましい方向に進んでいる様子(3.はターゲットユーザーを明確にした影響かな?と考えています)。

 今後もこの調子でPDCAを回していく予定。


 Webマーケティングは効果が出るまでに時間がかかる。
 中長期的な視点で取り組むものです。

 景気が回復しつつある今のうちに施策を講じることをお勧めします。

2013年12月19日
須藤公認会計士事務所
須藤恵亮

【関連コラム・ページ】
   Webマーケティング | 当事務所のホームページをリニューアルします
   Webマーケティング | ホームページで自社宣伝を効果的に行う
   Webマーケティングについて考える(その1)

戻る | コラム一覧 | 次へ

TOPへ戻る