Profile

  • Profile
  • 名前:須藤恵亮(すとうけいすけ)
  • 須藤公認会計士事務所代表
  • HP制作や情報セキュリティなど他とは異なるビジネスを展開している会計事務所です。
  • ・Home
  • ・事務所概要
  • ・ビジネス紹介

最近の記事(コラム)

・「不正な財務報告及び監査の過程における被監査会社との意見の相違に関する実態調査報告書」の公表について(日本公認会計士協会)
・新規株式上場(IPO)意向に関するアンケート調査(帝国データバンク)
・2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査(帝国データバンク)
・「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査(東京商工リサーチ)
・国際会計基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示例の公表について(金融庁)
・改正企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の公表(企業会計基準委員会)-税効果会計
・有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・有価証券報告書レビューの実施について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・「公認会計士・監査審査会検査の実効性の向上〜大規模監査法人を中心に〜」の公表について(公認会計士・監査審査会)
・株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(TDnet)-連結財務諸表(資本連結)の改正について



関連リンク

会計入門〜実務に役立つ会計の入門
原価計算入門〜簿記資格の学習を支援
商業簿記入門〜2級、3級の資格学習を支援
会計ヘッジ|将来リスクを回避するためのサイト



情報セキュリティ | ウイルス対策ソフトでマルウェアを検知した場合の対処法



 

情報セキュリティ | ウイルス対策ソフトでマルウェアを検知した場合の対処法



 今回は仕事ではなくプライベートで使用しているPCで
 ウイルススキャンをしたことについてのお話。



 ウイルス対策ソフトは長期間同じものは使用せずに2,3年で別のソフトを使用しています。

 最近、あるきっかけで新しいウイルス対策ソフトを購入。PCにインストールし、アップデート後、さっそくウイルススキャンを実行してみました。

 すると「トロイの木馬」とよばれるスパイウェア(情報を盗むプログラム)の類のマルウェア(いわゆるコンピュータウイルス)が1件、検知されました。


 該当したプログラムの場所を調べてみると、ある有名なソフトメーカーの関連プログラムを、ウイルス対策ソフトはマルウェアとして検知したようです。

 ウイルス対策ソフトの特徴として、マルウェアを100%検知してくれるわけではないということがありますが、別の特徴として、マルウェアでないものをマルウェアだと検知してしまうこともあります(いわゆる誤検知誤検出というものです)。


 検知されたマルウェアをネット検索してみたが有用な情報は得られず。


 ここで登場するのが、「VirusTotal」を利用したウイルススキャン。

 「VirusTotal」は、インターネット上のサイトで、だれでも利用できる便利なセキュリティツール。

 48もの有名なウイルス対策ソフトを利用して、特定のプログラムがマルウェアかどうかチェックしてくれます(2013年12月2日現在)。

 さっそくこの「VirusTotal」のWebサイトを開いて検知したプログラムを送信。
 しばらくすると結果が表示されます。

 結果を見てみると

   48のウイルス対策ソフトのうち2つがウイルスとして判定した

 とのこと。「2/48」ということは

 「誤検知の可能性もあるが、レアなマルウェアといった可能性もある。

 ということになります。

 少し迷いましたが、今回検知したプログラムは、システム上、重要なプログラムではなく、また普段使用しているわけではない。

 ということで今回は念のため削除しておきました。


 ・ウイルス対策ソフトが検知したプログラムが誤検出であるかどうか調べたい
 ・ウイルス対策ソフトは検知していないが怪しい動作をしているプログラムがある

 このような時には「VirusTotal」の使用がお勧めです。

【参考】
 情報元:VirusTotal - ウイルス、マルウェア、URL の無料オンライン スキャナー
  URL:https://www.virustotal.com/ja/

2013年12月2日
須藤公認会計士事務所
須藤恵亮

【関連コラム・ページ】
   情報セキュリティ | OSとソフトウェアのアップデートを行う
   情報セキュリティ | 重要な情報資産をどうやって守りますか?
   コンピューターウイルス感染 | 放置Webページにはご用心

戻る | コラム一覧 | 次へ

TOPへ戻る