Profile

  • Profile
  • 名前:須藤恵亮(すとうけいすけ)
  • 須藤公認会計士事務所代表
  • HP制作や情報セキュリティなど他とは異なるビジネスを展開している会計事務所です。
  • ・Home
  • ・事務所概要
  • ・ビジネス紹介

最近の記事(コラム)

・「不正な財務報告及び監査の過程における被監査会社との意見の相違に関する実態調査報告書」の公表について(日本公認会計士協会)
・新規株式上場(IPO)意向に関するアンケート調査(帝国データバンク)
・2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査(帝国データバンク)
・「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査(東京商工リサーチ)
・国際会計基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示例の公表について(金融庁)
・改正企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の公表(企業会計基準委員会)-税効果会計
・有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・有価証券報告書レビューの実施について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・「公認会計士・監査審査会検査の実効性の向上〜大規模監査法人を中心に〜」の公表について(公認会計士・監査審査会)
・株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(TDnet)-連結財務諸表(資本連結)の改正について



関連リンク

会計入門〜実務に役立つ会計の入門
原価計算入門〜簿記資格の学習を支援
商業簿記入門〜2級、3級の資格学習を支援
会計ヘッジ|将来リスクを回避するためのサイト



ホームページのアクセス分析 | 直帰率について再考する

ホームページのアクセス分析 | 直帰率について再考する



 当事務所のホームページ。少しずつですがアクセス数が伸びてきました。

 今年度の目標まで、あと少し、といったところ。


 まずはPing送信した効果が大きい。波及効果で少しずつですが、確実に伸びている。

 もう一つアクセス増加の要因として、コラムの掲載を増やしたことが挙げられる。スモールキーワードで検索エンジンに上位表示された結果、検索エンジンからのアクセスも増えてきました。


 一方で今後の対策として改善させるべき項目として、「直帰率」があります
(直帰率については、過去に掲載済み)。

 一時期は改善が見られたのですが、また悪化傾向にあります。あまり宜しくない傾向。

 原因を分析してみると、当事務所のページのうち、訪問数の多い特定のページで直帰率が悪化していることを発見。

 同じキーワードで上位表示されている他の競合先のページと比較すると、独自色は出せている(その結果、上位表示されているのだろうと推測)。

 しかし、次のことも判明。

  ・そのキーワードに対して、訪問者が期待する要求に網羅的に応えているわけではない
  ・関連ページをリンクとして掲載しているが、そのページへの流入にはつながっていない

 以上から、次の対策を行う予定。

  ・キーワードにより関連が深いページの掲載
  ・リンクするページの変更

 これで直帰率が改善すればよいのですが。さて結果は如何に。


 いろいろなネット情報や関連書籍に記載されていますが、ホームページ改善の秘訣は

  ・PDCAサイクルの回転を早めること
  ・試行錯誤すること

 にあるということを実感しています。

 皆さんの会社ではホームページを活用していますか?

2013年11月13日
須藤公認会計士事務所
須藤恵亮

【関連コラム・ページ】
   Webマーケティング | ホームページで自社宣伝を効果的に行う
   検索キーワードを意識してホームページを作ってみる
   ターゲット顧客の絞込みってどうしていますか?


戻る | コラム一覧 | 次へ

TOPへ戻る