Profile

  • Profile
  • 名前:須藤恵亮(すとうけいすけ)
  • 須藤公認会計士事務所代表
  • HP制作や情報セキュリティなど他とは異なるビジネスを展開している会計事務所です。
  • ・Home
  • ・事務所概要
  • ・ビジネス紹介

最近の記事(コラム)

・「不正な財務報告及び監査の過程における被監査会社との意見の相違に関する実態調査報告書」の公表について(日本公認会計士協会)
・新規株式上場(IPO)意向に関するアンケート調査(帝国データバンク)
・2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査(帝国データバンク)
・「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査(東京商工リサーチ)
・国際会計基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示例の公表について(金融庁)
・改正企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の公表(企業会計基準委員会)-税効果会計
・有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・有価証券報告書レビューの実施について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・「公認会計士・監査審査会検査の実効性の向上〜大規模監査法人を中心に〜」の公表について(公認会計士・監査審査会)
・株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(TDnet)-連結財務諸表(資本連結)の改正について



関連リンク

会計入門〜実務に役立つ会計の入門
原価計算入門〜簿記資格の学習を支援
商業簿記入門〜2級、3級の資格学習を支援
会計ヘッジ|将来リスクを回避するためのサイト



競合他社のホームページを見て自社との違いを分析する



 

競合他社のホームページを見て自社との違いを分析する



 競合他社、いわゆるライバル企業の分析は行っていますか?

 事業計画を作成するためのノウハウが記載された書籍やネット情報では、競合他社の分析については当たり前のように記載があります。

 一方で、私の経験上では、競合他社の分析を行っている中小企業は意外と少ない実感がある(理由はいくつかあると思っていますが、ここではあえて記載はしません。皆さんのご想像にお任せします)。

 ただし、会社全体では検討していないため書類としては残っていないが、実際には経営者が自ら検討しているというケースも多いとは思っています。


 でも実際に競合他社の分析するといっても、上場企業でない限り、得られる情報は限られています。

 しかし、ほとんどの企業が公開しており、有用な情報を得られる手段があります。

 それはもちろん「ホームページ」。

 ホームページには、中小企業であれば経営者の性格が少なからず反映されていると思います。また経営者の性格≒社風とも言えますので、企業カラーを見ることもできる。

 ホームページでは情報をあまり公開していない会社であれば、Webマーケティングには積極的でないことが分かります。


 当事務所でも、他の会計事務所のホームページはよく見ています。そして、当事務所の独自デザインがもちろん基本ではありますが、良いところはどんどん模倣します(もちろん著作権違反になるようなことはしませんが)。


 試しに自社が属する業界を反映するキーワード+地域でGoogleやYahoo!Japanで検索してみましょう。

 自社のいいところ、悪いところが分かります。
 試してみて損はないと思いますよ。

2013年10月17日
須藤公認会計士事務所
須藤 恵亮

【関連コラム・ページ】
   サービス過剰には要注意 | 当事務所の最近の傾向
   Webマーケティング | ホームページで自社宣伝を効果的に行う
   Webマーケティングについて考える(その1)

戻る | コラム一覧 | 次へ

TOPへ戻る