トップ

ウイルス対策ソフトの特徴を理解して利用していますか?(コラム)

ウイルス対策ソフトの特徴を理解して利用していますか?


ウイルス対策ソフトはPCをコンピューターウイルスから保護するためのソフトウェア。

ウイルススキャンでコンピューターウイルスを検出・駆除するだけでなく、常駐保護機能やメール、Webから防止する機能、ファイアウォール機能など、総合的にPCを守ってくれる優れもの。

ただし、個人ユーザーであれ会社であれ、ウイルス対策ソフトを本当に理解して利用していますか?
特に会社の場合には、ウイルス対策ソフトを含めた、トータルな情報セキュリティ対策が求められる。情報セキュリティは専門性が高いため、一層、留意しておく点といえます。

そこで今回は、ウイルス対策ソフトについて特徴をコメントします。


1.ウイルス対策ソフトをインストールしていれば100%PCを守ってくれるわけではない。

どのウイルス対策ソフトにもいえることですが、全てのコンピューターウイルスやPCの脅威からPCを守ってくれるわけではありません。

コンピューターウイルスも日進月歩で進化しています。ウイルス対策ソフトも、もちろん進歩していますが、イタチごっこの面もあるわけです。


2.ウイルス対策ソフトを複数インストールすると、かえってPCに悪影響を及ぼす場合がある。

複数のウイルス対策ソフトをインストールした方が心強そうですが、ウイルス対策ソフト同士が「競合」して、結果、PC動作が遅くなったり、PCが起動しなくなってしまうといった悪影響を及ぼすことがあります。

3.偽セキュリティソフトの存在

「偽セキュリティソフト」というソフトが存在します。プログラムの画面を見るとウイルス対策ソフトのようにウイルススキャンを実行したり、「PCに問題が発生している」といった画面表示させるなど、見た目はウイルス対策ソフトのように振舞います。

しかし、実際にはほとんどウイルス対策ソフトの機能がなかったり、画面を消しても繰り返し画面表示され、PC動作に悪影響を及ぼしたり、金銭を要求してきたりする偽セキュリティソフトまで存在します。


【参考情報 IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)】
偽セキュリティソフトに関する情報が豊富です。

「 どうして偽セキュリティ対策ソフトがインストールされるの? 」
URL:http://www.ipa.go.jp/security/txt/2013/04outline.html

よくある相談と回答(FAQ):偽セキュリティソフト
URL:http://www.ipa.go.jp/security/anshin/faq/faq-3.html


以上、簡単にコメントしました。
ウイルス対策ソフトについては、今後、もう少し細かい点についても記載していく予定です。


【無料で簡易診断】
情報セキュリティチェックシート
20項目の簡単なチェックで貴社のセキュリティ状況を診断。無料で利用できます。


2013年10月6日
2014年12月5日 更新
須藤公認会計士事務所
須藤 恵亮


戻る | コラム一覧 | 次へ

TOPへ戻る

Profile

  • Profile
  • 名前:須藤恵亮(すとうけいすけ)
  • 須藤公認会計士事務所代表
  • HP制作や情報セキュリティなど他とは異なるビジネスを展開している会計事務所です。
  • ・Home
  • ・事務所概要
  • ・ビジネス紹介

最近の記事(コラム)

・「不正な財務報告及び監査の過程における被監査会社との意見の相違に関する実態調査報告書」の公表について(日本公認会計士協会)
・新規株式上場(IPO)意向に関するアンケート調査(帝国データバンク)
・2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査(帝国データバンク)
・「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査(東京商工リサーチ)
・国際会計基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示例の公表について(金融庁)
・改正企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の公表(企業会計基準委員会)-税効果会計
・有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・有価証券報告書レビューの実施について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・「公認会計士・監査審査会検査の実効性の向上〜大規模監査法人を中心に〜」の公表について(公認会計士・監査審査会)
・株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(TDnet)-連結財務諸表(資本連結)の改正について



関連リンク

会計入門〜実務に役立つ会計の入門
原価計算入門〜簿記資格の学習を支援
商業簿記入門〜2級、3級の資格学習を支援
会計ヘッジ|将来リスクを回避するためのサイト