トップ

インターネット検索 | やや反抗期的な使い方(コラム)

インターネット検索 | やや反抗期的な使い方


SEO関係のお話に関連させてインターネット検索の方法について。

SEOとは何か?というと

Search Engine Optimization=検索エンジン最適化

のこと。

要するに、GoogleやYahoo!Japanなどの検索サイトで上位に表示させるような施策のことをいいます。Webマーケティングには欠かせない施策の一つ。

現在は、GoogleもYahoo!JapanもGoogleの検索アルゴリズムを使用しています。従って、Googleの検索アルゴリズムの動向に対応していくことがSEO対策の主流になります。

しかし最近は、Googleの検索アルゴリズムがどんどん変化していて、対応するのが難しくなってきているようです。2013年になると「Hummingbird(ハミングバード=ハチドリ)」という新しい検索アルゴリズム機能が公表されました(ちなみにその前は「ペンギン」、さらにその前は「パンダ」という検索アルゴリズムの機能が公表され、現在まで数多くのアップデート実施によって、検索機能の改善が行われています)。

さて、以上のようなSEOトレンドの中、当事務所のホームページも、いろいろと調べて勉強しながら、苦労してSEO対策を継続的に行ってきました。そしてその結果、「会計事務所 東京」などのビッグキーワードでは全然ですが、いくつかのミドル、スモールキーワードでは上位表示されるようにはなってきました。

しかし、もちろん全てのページで思うように表示されているわけではなく、中には、かなり頑張っているにも関わらず上位表示されないページもあります(一方で時間をかけずに上位表示されたものもありますが)。


そこで最近行っているインターネット検索の方法が

51位以下の下位ページにも目を通してみる(ランダムで101位以下も閲覧)。

ということ。

もちろん、上位表示されているページには参考になるページが多く、Googleが素晴らしいという点は大いに賛同します。

でもやはり、心情的には「こんなに頑張っているのになんで上位表示されないの?」というくやしい部分もあるわけで、しばらくこの活動続けてみたいと思います。中には貴重な情報もあるでしょうし。


ただしその一方で下位表示されるページになれば、それだけ危険なページも増えるでしょうから、その点は注意しています。

2013年9月29日
2014年12月1日
須藤公認会計士事務所
須藤恵亮


戻る | コラム一覧 | 次へ

TOPへ戻る

Profile

  • Profile
  • 名前:須藤恵亮(すとうけいすけ)
  • 須藤公認会計士事務所代表
  • HP制作や情報セキュリティなど他とは異なるビジネスを展開している会計事務所です。
  • ・Home
  • ・事務所概要
  • ・ビジネス紹介

最近の記事(コラム)

・「不正な財務報告及び監査の過程における被監査会社との意見の相違に関する実態調査報告書」の公表について(日本公認会計士協会)
・新規株式上場(IPO)意向に関するアンケート調査(帝国データバンク)
・2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査(帝国データバンク)
・「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査(東京商工リサーチ)
・国際会計基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示例の公表について(金融庁)
・改正企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の公表(企業会計基準委員会)-税効果会計
・有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・有価証券報告書レビューの実施について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・「公認会計士・監査審査会検査の実効性の向上〜大規模監査法人を中心に〜」の公表について(公認会計士・監査審査会)
・株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(TDnet)-連結財務諸表(資本連結)の改正について



関連リンク

会計入門〜実務に役立つ会計の入門
原価計算入門〜簿記資格の学習を支援
商業簿記入門〜2級、3級の資格学習を支援
会計ヘッジ|将来リスクを回避するためのサイト