トップ

コンサルタントを最大限に活用できているといえますか?(コラム)

コンサルタントを最大限に活用できているといえますか?


いきなりですが、コンサルタントを利用するメリットってなんでしょう?

私は次のことだと考えています。

1.専門的な知識経験を有しており、専門分野の立場からアドバイスしてくれる。
2.第三者として独立した立場から客観的な視点でアドバイスしてくれる。

1.は言うまでもないでしょう。1.がなければコンサルタントとして成り立ちませんから。

それに対して2.は如何でしょうか?

私は2.があってのコンサルタントなんだと考えています。

例えば、1.を有しているだけであれば、別にコンサルタントを利用せずとも、その分野に強い従業員を採用しても変わりはありません。

しかし、同じ専門分野の知識経験を有していたとしても、従業員とコンサルタントでは立場が違う。従って経営者の質問に対する答えも、提案するアドバイスも全く異なるものになるでしょう。

従業員であれば、社内の人間であり経営者と同じ側の立場にいる。また、経営者(会社)に雇用されている立場でもあります。

一方でコンサルタントは、社外の人間であり、また経営者(会社)とは形式的には対等な関係にある立場です。

もちろん実質的には対等でない関係もよくあるケースですが、この場合には会社側はもったいないことをしているな、と思ってしまいます。

2.のメリットを享受できるチャンスを逃し、従業員と同じような立場での関係を求めているわけですから。

もちろん、この場合にもメリットはあると思います。しかし、「岡目八目」で会社を診てもらうというメリットを上回るメリットは、果たして得られるのだろうか?と疑問に思ってしまいます。


 以上、コンサルタントの利用方法について、思うところ考えるところをコメントしてみました。

2013年 9月27日
2014年12月1日 更新
須藤公認会計士事務所
須藤恵亮


戻る | コラム一覧 | 次へ

TOPへ戻る

Profile

  • Profile
  • 名前:須藤恵亮(すとうけいすけ)
  • 須藤公認会計士事務所代表
  • HP制作や情報セキュリティなど他とは異なるビジネスを展開している会計事務所です。
  • ・Home
  • ・事務所概要
  • ・ビジネス紹介

最近の記事(コラム)

・「不正な財務報告及び監査の過程における被監査会社との意見の相違に関する実態調査報告書」の公表について(日本公認会計士協会)
・新規株式上場(IPO)意向に関するアンケート調査(帝国データバンク)
・2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査(帝国データバンク)
・「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査(東京商工リサーチ)
・国際会計基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示例の公表について(金融庁)
・改正企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の公表(企業会計基準委員会)-税効果会計
・有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・有価証券報告書レビューの実施について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・「公認会計士・監査審査会検査の実効性の向上〜大規模監査法人を中心に〜」の公表について(公認会計士・監査審査会)
・株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(TDnet)-連結財務諸表(資本連結)の改正について



関連リンク

会計入門〜実務に役立つ会計の入門
原価計算入門〜簿記資格の学習を支援
商業簿記入門〜2級、3級の資格学習を支援
会計ヘッジ|将来リスクを回避するためのサイト