トップ

サービス過剰には要注意 | 当事務所の最近の傾向(記事コラム)

サービス過剰には要注意 | 当事務所の最近の傾向


「高度情報化社会」といわれる現代。本当に便利な世の中です。

インターネットを通じてさまざまな情報がほとんど無料で手に入る。情報の質は玉石混合ではあり、また最近はコンピュータウイルスや不正アクセスといった情報セキュリティ問題も一部ありますが、便利であることは確かです。

また情報を提供する側も、自社をアピールするため、ホームページを始めとするWebマーケティングを比較的、簡単に行うことができます。

一方で、自社をアピールするためサービス過剰になりやすい傾向にあるのも確かです。当事務所でもこの点は慎まなければならない、と思いつつも、自分の知っているレアで、かつ役立つ情報は、アピールのためどんどん開示していきたいという衝動にも駆られます。

今まで経験してきたことの中で、自分ではそこまで価値がないと思う情報でも、案外知らない人が多かったりする。そういった情報ってどの人でも持っていると思います。

そして、他人とは一線を画した「レアな人生」を歩んでいる人であればあるほど、その情報は他人にとっては計り知れない価値あるものだったりします。

経営者であれば、既にその時点で、他人とは違う価値観や視点で生きているといっていいと思います。そのような情報を自社の広告宣伝のために利用しない手はありません。

ただし、「出し尽くした感」は出さないようにしないといけないのでしょう。「まだ懐には武器(アイディア)はある」という感じで。

もちろん実際にも全ては出さずに、新しい情報のキャッチアップと独自視点での思考は継続していく必要はあると思います(自戒の念も込めています)。

2013年 9月23日
2014年11月30日 更新
須藤公認会計士事務所
須藤 恵亮


【関連コラム・ページ】
ターゲット顧客の絞込みってどうしていますか?




事業計画策定支援|須藤公認会計士事務所(東京)

戻る | コラム一覧 | 次へ

TOPへ戻る

Profile

  • Profile
  • 名前:須藤恵亮(すとうけいすけ)
  • 須藤公認会計士事務所代表
  • HP制作や情報セキュリティなど他とは異なるビジネスを展開している会計事務所です。
  • ・Home
  • ・事務所概要
  • ・ビジネス紹介

最近の記事(コラム)

・「不正な財務報告及び監査の過程における被監査会社との意見の相違に関する実態調査報告書」の公表について(日本公認会計士協会)
・新規株式上場(IPO)意向に関するアンケート調査(帝国データバンク)
・2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査(帝国データバンク)
・「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査(東京商工リサーチ)
・国際会計基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示例の公表について(金融庁)
・改正企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の公表(企業会計基準委員会)-税効果会計
・有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・有価証券報告書レビューの実施について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・「公認会計士・監査審査会検査の実効性の向上〜大規模監査法人を中心に〜」の公表について(公認会計士・監査審査会)
・株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(TDnet)-連結財務諸表(資本連結)の改正について



関連リンク

会計入門〜実務に役立つ会計の入門
原価計算入門〜簿記資格の学習を支援
商業簿記入門〜2級、3級の資格学習を支援
会計ヘッジ|将来リスクを回避するためのサイト