トップ

サービスと価格のバランスを含めてビジネス戦略を振り返る

サービスと価格のバランスを含めてビジネス戦略を振り返る


当事務所の料金体系ですが、改めて見てみると業界水準を考慮していないな、とつくづく思います。


会計関連サービスの料金は高目。一方でHP制作と情報セキュリティでは価格破壊を起こしている。

では何も考慮せずにこの料金設定なのかと言えば、もちろんそんなことはありません。当事務所なりの理由でサービスに見合った価格を設定しています。理由は、Q&A(ご質問と回答)に記載。

また、通常の会計事務所のように売上高別の設定にはなっておらず、料金の範囲の振り子が大きい。

というのも、当事務所では「体制の構築運用」という視点から、サービス提供を考えているので、実際に会社の体制を見てみないと金額設定が難しいということが背景にあります。体制が整っていれば低料金だし、これから体制を作るということになると必然的に料金は高くなる、というわけです。

HP制作情報セキュリティの各サービスは、現時点ではまだまだの品質や実績を考慮した料金設定としている。ただし、サービス>価格にはなっている。コストパフォーマンスはかなりいいと思います。



ポーターの戦略論でいえば、会計事務所は、コストリーダーシップ戦略で、かつ地域を絞る戦略を採用する(コスト集中)。そして少しずつ地域拡大していくというのが一般的。

一方で当事務所は差別化戦略で地域も広範囲。

完全に逆、逆をいっています。

「これでいいの?」と言われれば「もちろん」です。続きは次回へ。

2013年 9月21日
2014年11月30日 更新
須藤公認会計士事務所
須藤 恵亮




事業計画策定支援|須藤公認会計士事務所(東京)

戻る | コラム一覧 | 次へ

TOPへ戻る

Profile

  • Profile
  • 名前:須藤恵亮(すとうけいすけ)
  • 須藤公認会計士事務所代表
  • HP制作や情報セキュリティなど他とは異なるビジネスを展開している会計事務所です。
  • ・Home
  • ・事務所概要
  • ・ビジネス紹介

最近の記事(コラム)

・「不正な財務報告及び監査の過程における被監査会社との意見の相違に関する実態調査報告書」の公表について(日本公認会計士協会)
・新規株式上場(IPO)意向に関するアンケート調査(帝国データバンク)
・2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査(帝国データバンク)
・「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査(東京商工リサーチ)
・国際会計基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示例の公表について(金融庁)
・改正企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の公表(企業会計基準委員会)-税効果会計
・有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・有価証券報告書レビューの実施について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・「公認会計士・監査審査会検査の実効性の向上〜大規模監査法人を中心に〜」の公表について(公認会計士・監査審査会)
・株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(TDnet)-連結財務諸表(資本連結)の改正について



関連リンク

会計入門〜実務に役立つ会計の入門
原価計算入門〜簿記資格の学習を支援
商業簿記入門〜2級、3級の資格学習を支援
会計ヘッジ|将来リスクを回避するためのサイト