PDCA|SOHOサイトに案件を掲載してみました

SOHOサイトに案件を掲載してみました


1人で事務所運営しているとどうしても主観的になりがちです。

当事務所でも客観的なご意見を頂きたいと考え、あるSOHOサイトに案件を掲載してみることに。

計2回、案件を掲載してみました。

まず1回目の掲載。
「大体この位の応募があるかな?」
という簡単な予想(計画:P)を立ててから、掲載内容を検討した後、実際に掲載(実行:D)。

その結果は、
「1週間の掲載で10名未満の応募」

当初の計画を大幅に下回る結果となってしまいました(評価:C)。

この結果を受けて掲載の仕方を変更することに。
2回目の掲載に検討した内容を反映させて掲載(行動:A)。

変更したところは、「タイトル名」と「求める人材」だけ。
金銭面や納期、案件内容などの条件は変えていません。

ですが結果は、
「掲載初日で1回目を超える応募」
予想を上回る結果になりました。

では具体的に何を変更したか?それは

「依頼する案件が、より分かりやすく反映されるように記載した」

ということ。これだけです。

もともと、この案件自体の難易度は高くなかったのですが、1回目は実際の難易度と比較して敷居をかなり高く設定していたようです。そのことに気づき、2回目の募集では当初想定していた難易度が伝わるようタイトルと求める人材の記載を変更。

結果、より少ない期間でより多くの募集を頂くことができました(募集頂いた皆様、本当にありがとうございました。)

PDCAと試行錯誤の重要性を改めて実感した出来事でした。

2013年 9月10日
2014年11月28日 更新
須藤公認会計士事務所
須藤 恵亮



戻る | コラム一覧 | 次へ

TOPへ戻る

Profile

  • Profile
  • 名前:須藤恵亮(すとうけいすけ)
  • 須藤公認会計士事務所代表
  • HP制作や情報セキュリティなど他とは異なるビジネスを展開している会計事務所です。
  • ・Home
  • ・事務所概要
  • ・ビジネス紹介

最近の記事(コラム)

・「不正な財務報告及び監査の過程における被監査会社との意見の相違に関する実態調査報告書」の公表について(日本公認会計士協会)
・新規株式上場(IPO)意向に関するアンケート調査(帝国データバンク)
・2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査(帝国データバンク)
・「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査(東京商工リサーチ)
・国際会計基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示例の公表について(金融庁)
・改正企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の公表(企業会計基準委員会)-税効果会計
・有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・有価証券報告書レビューの実施について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
・「公認会計士・監査審査会検査の実効性の向上〜大規模監査法人を中心に〜」の公表について(公認会計士・監査審査会)
・株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(TDnet)-連結財務諸表(資本連結)の改正について



関連リンク

会計入門〜実務に役立つ会計の入門
原価計算入門〜簿記資格の学習を支援
商業簿記入門〜2級、3級の資格学習を支援
会計ヘッジ|将来リスクを回避するためのサイト