オンリーワンのビジネスを目指す会計事務所

須藤公認会計士事務所のビジネスについて思うこと、考えることをコメント。


オンリーワンのビジネスを目指す会計事務所


本当に会計事務所なの?」で記載しましたが、当事務所は通常の会計事務所とは異なる、「オンリーワンのビジネスを目指す会計事務所」です。今回はこの点、少しコメントしたいと思います。


【会計士には何ができるのか?】

当事務所は会計事務所。そして私が公認会計士であり、監査法人で会計士としての経験を積んだことが根幹にある。ビジネスマンとしての私の土台であり、土壌となっています。
従ってこの会計士として培った経験を活かしたビジネスを展開していく、ということを自然と考える。

では会計士として培った経験って何?ということになる。
すなわち、「会計士には何ができるのか?」

【世間が考えること、イメージすること】

もし一般の人にアンケートを取ってみれば、「会計の専門家」「会計数字をチェックできる」「決算書にお墨付き(監査報告書)を与える」といった回答が多いのだと思います。

でも「会計の専門家」「会計数字をチェックする」に関して言えば、税理士もいる。会社が取引している金融機関がいる。そして会社の会計に最も詳しいのは内部にいる経理担当者だったり、CFOだったり、会社全体を見ている経営者だったりするわけです。

また「決算書にお墨付きを与える」は、公認会計士という資格に付与された独占的業務であるという意味合いであって、経験に基づき得られたもの、という意味とは少し違うのだと思います。


【私が考える会計士の能力】

私が監査法人時代に会計士として会計監査やコンサル業務に従事する中で得られたもの。その中で最も会計士が他の人材と差別化できるものは
会計を道具として、重要性に基づいて会社のリスクを分析すること。その後、実証データを集め仮説が正しいかどうか検証し、会社に指摘事項や改善案を報告すること。また、その後の改善状況を見ること。

すなわち、「重要性に応じた行動」や「リスク分析」「データ検証」「PDCAサイクルが身についている」といったところなのではと思います。

監査法人では、クライアントの会計監査を実施するに当たって、「リスクアプローチ」の視点を重視しています。すなわち、会計監査を行う時間や人員などの経営リソースは限られている。従って、有効かつ効率的に監査を実施するため、事前に会社のリスク分析を行い、リスクのあるところに重点的に経営リソースを割り振って監査を実施する。逆にリスクがないところは省力化する(手を省く)。

また、リスク分析での仮説に基づき、事実関係データ(監査証拠)を入手・分析して仮説検証を行う。検証に当たっては統計学的な考えを利用する。
データ検証の結果に基づき、会計上・内部統制上の指摘事項・改善案をまとめ、クライアントに報告する。またその後の改善状況をフォローする。

このように「PDCAサイクル」を絶えず回して仕事をしています。



以上の会計士としての能力を土台にし、かつ、その後、事業会社で経営企画、管理、経理業務に従事した際に得られた経験などをブレンドしたビジネスを展開する。これが当会計事務所が目指すオンリーワンのビジネスです。


【雑談:私の名前について】

よく「名は体を表す」といいますが、私の名前である「恵亮(けいすけ)」。この「亮」の意味の一つが「物事を明らかにする」。

確かにブラックボックスの部分が多いとモヤモヤするので解明したいとは思います(だからPCのネットワークに興味を持ったのかも)。
会計士も物事を明らかにする仕事。性に合っているのかもしれません(でも、「会計士らしくない」とよく言われます)。

ちなみに「恵亮」でネット検索すると、平安時代の天台宗の僧侶の名前がヒットしますが、私は僧ではありません(笑)。
仏教も八百万の神もキリスト教も様々な宗教の文化を受け入れている典型的な日本人です。特定の宗教を信仰しない「無宗教家」ですので誤解のないようお願いします。

2012年10月13日
2014年8月31日更新
須藤公認会計士事務所
須藤恵亮




  • ↓↓クリックお願いします
    にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ





  • ☆amazonで「会計入門」で検索した最新本

    新入社員から社長まで ビジネスにいちばん使える会計の本
    【ユニクロの成長を25年間支えた会計の超プロがやさしく教えます。】ビジネスを数字で語れる人になる!

    誰も教えてくれない「工場の損益管理」の疑問-そのカイゼン活動で儲けが出ていますか?-
    棚卸や配賦、償却など工場関係者が日常ほとんど使わない会計の最低限の知識を噛み砕いて伝え、企業トータルで儲けが出る工場の損益管理の方法を指南する。

    取締役・経営幹部のための 戦略会計入門 キャッシュフロー計算書から財務戦略がわかる
    会計・財務が苦手な取締役・経営幹部も含め、業績責任を果たすために必要なビジネス・アカウンティング能力を体系的かつ極めてわかりやすく解説。コーポレートガバナンス・コードへの対応力を強化する。

    戻る | コラム一覧 | 次へ

    TOPへ戻る

    Profile

    • Profile
    • 名前:須藤恵亮(すとうけいすけ)
    • 須藤公認会計士事務所代表
    • HP制作や情報セキュリティなど他とは異なるビジネスを展開している会計事務所です。
    • ・Home
    • ・事務所概要
    • ・ビジネス紹介

    最近の記事(コラム)

    ・「不正な財務報告及び監査の過程における被監査会社との意見の相違に関する実態調査報告書」の公表について(日本公認会計士協会)
    ・新規株式上場(IPO)意向に関するアンケート調査(帝国データバンク)
    ・2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査(帝国データバンク)
    ・「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査(東京商工リサーチ)
    ・国際会計基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示例の公表について(金融庁)
    ・改正企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の公表(企業会計基準委員会)-税効果会計
    ・有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
    ・有価証券報告書レビューの実施について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
    ・「公認会計士・監査審査会検査の実効性の向上〜大規模監査法人を中心に〜」の公表について(公認会計士・監査審査会)
    ・株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(TDnet)-連結財務諸表(資本連結)の改正について



    関連リンク

    会計入門〜実務に役立つ会計の入門
    原価計算入門〜簿記資格の学習を支援