本当に会計事務所なの?


この須藤公認会計士事務所についてよく言われてきたことです。

ホームページ制作や情報セキュリティサービスを展開している。提供サービスの中に会計事務所の中心サービスとなる税務業務がない。また会計に関するサービスは月次・年次決算(予算実績管理含む)サービスだけ(2016年6月5日現在。会計関連のコラム掲載を始めとして、少しは公認会計士事務所のページらしくはなりました)。

従って、そんなことを言われても仕方ないかもしれません。

ではなぜ会計事務所らしからぬ活動をしているのか。


【会計事務所らしからぬ活動をしている理由】

一言でいえば
「世間一般の会計事務所イメージが強く固定化されているから」
です。

一般的な会計事務所サービスである会計記帳や税務業務はサービス範囲としていないので、結果として会計事務所らしからぬ活動になっている(そのように見える)ということになります。

※昨今は公認会計士が扱う仕事の範囲も広範囲になっており、従来の会計事務所イメージでは収まりきらなくなってきています。


【会計事務所を立ち上げるまでの経緯について】

監査法人に入所した当初から独立・起業を考えていましたが、「経営コンサルタント」ということだけが頭にあり、具体的なサービスはその時点ではノーアイディアでした。

監査法人で会計監査・内部統制に関する経験を積んでいく中で、大ニュースとして取り沙汰された東証一部上場企業の粉飾決算に関与した震源地に近い場所にいたことなどに影響を受け、「不正のない会社作りに貢献したい」という考えを持つようになります。

不正のない会社作りの方法論として「内部統制」やITに興味を持つようになり、監査法人の退所後、IPO準備中の中小事業会社に入社(2社経験)。組織管理に関する様々な構築運用の業務に携わることができました。

企業内外の両方から組織管理に関する経験を積むことができたので、2011年7月に起業した、というのが簡単な独立までの経緯になります。

ITは会計システムを始めとする業務システムだけではなく、情報セキュリティに最初は興味を持ちました。その後、Webや業務効率化のためのプログラミング(VBAなど)に興味を持つようになります。
Webへの興味は、独立に際して自社HPを立ち上げる際に勉強し始めたことがきっかけとなっています。


【中小企業について思うこと考えること】

中小の事業会社2社(ともにIPO準備中企業)で実際に企業内部で業務に従事しました。その中で実感したことは、
「企業外部の第三者にビジネスを理解してもらうことの難しさ」
「企業外部の第三者から、信頼ある会社だと認めてもらうことの難しさ」
ということでした。

ベンチャー企業のように、従来にないビジネスを展開するような会社では難易度はさらに高くなります。



【須藤公認会計士事務所のビジネスとは】

では「中小企業のビジネスを第三者に分かりやすく伝えるために支援できることは何か?」と考えた時に浮かんだのが、経験してきた事業計画と独立時に始めたWebでした。
また、「中小企業が、企業外部の第三者に信頼ある会社だと認めてもらうために支援できることは何か?」と考えた時に、経験してきた組織管理と監査法人時代から興味があった情報セキュリティを当事務所のビジネスにしよう、と思うようになりました。

そして監査法人勤務時代から考えてきた「不正のない会社作り=内部統制サービスの提供」というサービス。

これらの思いが
「ビジネスを伝える」
「情報を守る」
「土台作りの支援」
という須藤公認会計士事務所のビジネスのキーワードになっています。

そして、「不正のない会社作り」を支援して企業価値の向上を支援する=「企業価値の向上支援」がビジネスのコンセプトとなっています。


        

【ビジネス上のもう一つの視点=情報について】

「企業外部の第三者にビジネスを理解してもらうことの難しさ」「企業外部の第三者から、信頼ある会社だと認めてもらうことの難しさ」。この2つの課題は、実は会計士の本来業務である会計監査とも共通する課題でもあります。

会計監査の目的は「企業が作成する財務諸表(決算書)に社会的信頼性を付与すること」です。また、財務諸表は外部の利害関係者が企業ビジネスを理解できるように様々な情報を開示する必要があります。

以上から、須藤公認会計士事務所は経営資源のうち、「情報」に焦点を当てたサービスを展開する事務所である、ということができます。
内部統制の構成要素の一つにも「情報と伝達」があることから、須藤公認会計士事務所は「情報の取り扱い方に関するサービスを提供する事務所である」ともいうことができます。


【「本当に会計事務所なの?」という疑問に対する回答】

以上から「本当に会計事務所なの?」という疑問に対しては、「従来の会計事務所とは異なるオンリーワンのビジネスを目指す公認会計士事務所です」と回答します。

他の通常の会計事務所と異なり、「ビジネスの背景(=バックボーン)」や「ビジネスへの思い」を明確に伝えることができます。

「一般的な会計事務所サービスだから提供する」という考えは持ち合わせていません。

地域密着型でもありません。Webマーケティングで東京都を中心に広範囲に活動します。

紹介は受けません。直接営業も行いません。Webマーケティング(インバウンド)で新規顧客のみを潜在顧客とします。

2016年6月5日更新
2012年9月29日作成
須藤公認会計士事務所
須藤恵亮




  • ↓↓クリックお願いします
    にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ





  • ☆amazonで「会計入門」で検索した最新本

    新入社員から社長まで ビジネスにいちばん使える会計の本
    【ユニクロの成長を25年間支えた会計の超プロがやさしく教えます。】ビジネスを数字で語れる人になる!

    誰も教えてくれない「工場の損益管理」の疑問-そのカイゼン活動で儲けが出ていますか?-
    棚卸や配賦、償却など工場関係者が日常ほとんど使わない会計の最低限の知識を噛み砕いて伝え、企業トータルで儲けが出る工場の損益管理の方法を指南する。

    取締役・経営幹部のための 戦略会計入門 キャッシュフロー計算書から財務戦略がわかる
    会計・財務が苦手な取締役・経営幹部も含め、業績責任を果たすために必要なビジネス・アカウンティング能力を体系的かつ極めてわかりやすく解説。コーポレートガバナンス・コードへの対応力を強化する。

    戻る | コラム一覧 | 次へ

    TOPへ戻る

    Profile

    • Profile
    • 名前:須藤恵亮(すとうけいすけ)
    • 須藤公認会計士事務所代表
    • HP制作や情報セキュリティなど他とは異なるビジネスを展開している会計事務所です。
    • ・Home
    • ・事務所概要
    • ・ビジネス紹介

    最近の記事(コラム)

    ・「不正な財務報告及び監査の過程における被監査会社との意見の相違に関する実態調査報告書」の公表について(日本公認会計士協会)
    ・新規株式上場(IPO)意向に関するアンケート調査(帝国データバンク)
    ・2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査(帝国データバンク)
    ・「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査(東京商工リサーチ)
    ・国際会計基準(IFRS)に基づく連結財務諸表の開示例の公表について(金融庁)
    ・改正企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の公表(企業会計基準委員会)-税効果会計
    ・有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
    ・有価証券報告書レビューの実施について(平成28年3月期以降)の公表(金融庁)
    ・「公認会計士・監査審査会検査の実効性の向上〜大規模監査法人を中心に〜」の公表について(公認会計士・監査審査会)
    ・株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(TDnet)-連結財務諸表(資本連結)の改正について



    関連リンク

    会計入門〜実務に役立つ会計の入門
    原価計算入門〜簿記資格の学習を支援