内部統制とは | 具体例で解説

更新日:
公開日:

2ページに分けて解説しています。皆さんが内部統制を理解する一助となれば幸いです。

目次

1.内部統制とは J-SOXにこだわらずに考える

会社活動を行う中で、「信頼」は経営上の重要な課題の1つであることは言うまでもありません。

「信頼のある会社」を別の言葉で説明しようとすると、いろいろと考えられますが、私は「内部統制が高い会社」が信頼ある会社だと考えています。

内部統制(ないぶとうせい)とは、いわゆる内部統制報告制度(以下、「J-SOX」)が日本で制度化されてから、世間でもよく聞く言葉となりましたが、何となくイメージできても、いまいちピンとこない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、内部統制とは何か、現状の制度も引用しながら、J-SOXには捉われない概念として解説します。

注)内部統制報告制度(J-SOX制度)は内部統制のうち、「財務報告」を対象範囲とした制度ですが、今回の説明は、用語の概念を説明するものであり、「J-SOXの制度を説明しているわけではない」ことにご留意下さい。


1-1.内部統制の定義について

内部統制報告制度(J-SOX)における内部統制の定義は次の通りです。

内部統制とは、基本的に、業務の有効性及び効率性、財務報告の信頼性、事業活動に関わる法令等の遵守並びに資産の保全の4つの目的が達成されているとの合理的な保証を得るために、業務に組み込まれ、組織内のすべての者によって遂行されるプロセスをいい、統制環境、リスクの評価と対応、統制活動、情報と伝達、モニタリング(監視活動)及びIT(情報技術)への対応の6つの基本的要素から構成される。

厳格な文書や会議では上記の定義で問題ありませんが、少し文章が硬くて理解するのに苦労します。そこで厳密な定義にはこだわらず、ブログや井戸端会議的にコメントすれば、内部統制は次の通り説明できます。

1+1=2になったり、3になったり、10になったり、0になったり、-10になったりすること。

①「1+1」とは

会社がビジネス展開するためには、「ヒト、モノ、カネ、情報」といった「経営資源(リソース)」というものが必要です。

経営資源をどのような組み合わせ(配分)とするのか。

組み合わせとは、単純に数字化すると「ヒト 5 モノ 3 カネ 3 情報 4」なのか、それとも「ヒト 2 モノ 5 カネ 4 情報 2」なのか、といったことを指します。

極端な組み合わせでは「ヒト 10 モノ 1 カネ 1 情報 1」などもあるでしょう。

この組み合わせは、経営者のビジネスへの思いや、ビジョン、目標、業界業種、現状の経済動向等に基づき、検討して決定することになります。

また、そもそも経営資源をどのようなイレモノ(組織)に投入するのか、考えないといけません。

  • ・トップダウンか、ボトムアップか。
  • ・ピラミッド型の階層的な組織か、役職は少なくしたフラットな組織とするのか。
  • ・取締役会や監査役会を設置するのか。
  • ・どのような部署を設置してどのような権限責任を付与するのか。
  • ・年功序列か成果主義か
  • ・アットホームな雰囲気なのか、ビジネスライクな社風にするのか
  • ・Etc

「組織」と一言であっても、検討する事柄はいろいろとあります。

さらに、会社を組織として運営していくためには、規程やマニュアルも必要となるでしょう。その種類や内容も、ビジネスや組織に応じて策定する必要があります。

以上のように、組織のデザイン的な部分や経営資源の配分といったことが上記の「1+1」の部分になります。

「インプット」ということです。

②「=」以降について

組織をデザインし経営資源を配分して実際にビジネス活動を行います。その結果、次のことがビジネス活動の成果としてあらわれます。

  • ・会社の利益額、利益率、付加価値額、キャッシュフロー、流動比率といった財務指標
  • ・株価、時価総額、企業価値
  • ・世間の評判
  • ・金融機関や取引先の関係
  • ・従業員の残業時間
  • ・社内の人間関係
  • ・Etc

このような「アウトプット」が、「=」以降の部分となります。

1-2.内部統制の定義に関するまとめ

以上の通り、内部統制とは、「1+1」から「=」以降の結果が出てくるまでの、一連の会社の活動プロセスということになります。

また、内部統制とは会社の活動プロセスのうち、特に「仕組み」に焦点を当てています。

会社(法人)は、よく人間(自然人)に例えられますが、自然人と異なり、法人はそれ自体では活動できません。

そこで、法人の構成員たる自然人(=経営者、役員、従業員など)が、法人の代わりに脳・手足・内臓・神経細胞・Etcとなって活動するのです。

「内部統制=自然人が、法人のために脳・手足などの各機能の代わりとなって、役割を果たすための仕組み」

と言うこともできます。

内部統制とは、会社のありとあらゆる活動が含まれる、といっても過言ではないでしょう。

例えば、1+1=2であれば、何もしていない会社。1+1=3であれば評価できるが、例えば競合先が1+1=4であれば一歩遅れをとっているということ。

1+1=10は、高い内部統制レベルに達しているということ。1+1=0や-10は...。言うまでもありません。しかし、この時点では新しいことに取り組んでいる段階や、チャレンジした結果ということであれば、1+1=2や3よりずっと評価は高い、というように考えることもできます。

※ここでの数字化は、あくまでも解説しやすくするためです(もちろん、1+1=・・などという表現も、J-SOXなどの内部統制制度では行うわけはありません)。ご留意ください。

【補足】内部牽制について

冒頭のJ-SOX制度上の内部統制の定義にある通り、内部統制とは、6つの要素から成り立ちます。

6つの要素のうち、内部統制と聞いて皆さんがイメージするのは「統制活動」かもしれません。

統制活動には「内部牽制」という考えが基礎となります。内部牽制については、「内部牽制について考える」にて説明しています。ご参考頂ければ幸いです。


2.内部統制を大局的視点で考える

「内部統制とは、会社のありとあらゆる活動である」と説明しました。

しかし、「考え方は分かったが、あらゆる活動って言われても。これでは何も言っていないのと同じことじゃないか」と思っている方もいるかもしれません。

そこで内部統制とは何か、具体的なケースを挙げて説明します。

最初に、会社全体の視点からの内部統制について説明します。

2-1.内部統制とは | ケース1:会社全体の視点から考える

A社とB社があるとします。この2社は同じ業種であり、会社の規模も同じ。ビジネスに投入できる経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報)も同じとします。

このように共通点が多い2社ですが、決定的に違うところがありました。それは組織体制です。

組織体制が違うだけなのですが、2社がビジネス活動を行った結果、A社は「1+1=-10」と最悪の結果となってしまったのに対して、B社は「1+1=10」と高い成果を上げました。

どうしてこのような結果となったのでしょうか。組織体制を項目別に比較してみました。それが下の表です。

全社的な内部統制の比較その1

まず個別の項目、例えばNo8やNo9の項目でA社は良くないということは分かるでしょう。

しかし、全ての項目が悪いわけではなくむしろ良い項目もあります。No1の経営者のタイプはもちろん、No3やその他の項目もどこも悪いところはなさそうです。

それでは、A社はどこが悪かったのでしょうか?逆にB社はどこが良かったのでしょうか?

それは、項目全体をひっくるめて見た場合の「統一感」です。

統一感という点でこの2社の評価は全然違ってきます。A社の組織体制は統一感に欠けているということがお分かりになりますでしょうか?

まずNo1「経営者のタイプ」を中心にして、その他の項目と照らし合わせて見て下さい。

A社の経営者は、経営陣や従業員の主体性を重視しています。にも関わらず、社風全体および経営陣が全体的に控えめな性格なので発言は少なく、また主体的に行動しない傾向となることが想像できます。

また、経営陣や従業員が主体的に発言・行動しようにも柔軟性に欠けた会議運営や、計画策定がボトムアップではなくトップダウン主体であること、稟議制度がないことといったように主体的に発言・行動できない組織設計となっています。

さらに、業務分掌や職務権限があいまいであるにも関わらず、内外部の情報の発信は各部署が行っています。

情報が統一されず、内外、特に外部の人間が困惑するのは明らかでしょう。

以上から、A社はビジネスが停滞したこと、また情報が錯綜したことで最悪の結果となってしまいました。

それに対してB社は組織に一体感があります。経営者の強力なリーダーシップの下、テキパキと物事が進むのが目に浮かびます。

以上の通り、A社とB社を比較しましたが、次にA社が10点、B社が-10点というケースも表にしてみました。下の表をご覧下さい。

全社的な内部統制の比較その2

B社では、経営者が自分の思い通りに進まず、ストレスがたまる組織体制であることが容易く想像できます。一方でA社は成熟した堅実な組織であることが分かります。

2-2.全社的な視点による内部統制に関するまとめ

以上から内部統制とは、会社のあらゆる活動ではあるのですが、個々の項目といったことよりも「個々の項目のつながり(プロセス、関連)」のことを説明している言葉ということになります。

そして、内部統制とは、個々や一部の内部統制の高い低いを評価するのではなく、個々や一部が集約された「会社全体」が高いか低いかを評価することが重要ということです(「個々の要素が有機的に一体となって機能する」といった言い方をします)。

「木よりも森を見る」ということです。

※ここで例示した10点のA社、10点のB社の組織設計をそのまま当てはめれば、必ずうまくいく、というわけではありません。

組織体制は、会社の業種や規模だけでなく、その時の会社の事業ステージ、また場所や時代によって千差万別で評価も変わるものです。

今回は分かりやすいよう極端な評価となるよう解説しました。この点、ご留意ください。

以上、内部統制とは何か、全社的な視点から説明しました。次回は、個々の業務レベルでの内部統制について解説します。



前の記事 | 次の記事